プロフィール

自己紹介とご挨拶のページです。よろしければのんびり読んでいってくださいね。

プロフィール


まやクリスタ 

西洋占星術家。英国占星協会会員。

中国語通訳者、結婚、離婚、中国駐在などを経験し、多忙とストレスから体調を崩し休職。

社会復帰後、西洋占星術に出会う。「とにかく『幸せ』になりたい」という思いで学びはじめたが、
そのうちに自然と自分を受け入れ、肯定することができるようになったり、
身の回りの出来事にふり回されずにやりたいことを行動に移せるようになっていったことに驚く。

そうした変化を経験して、占星術は「他の誰でもない、自分自身が生きやすくなるマインドセット」を作り、
自分の力を最大限活かして望む未来を実現していくために役だつ実用的なメソッドだと実感。

学びを続け、現在、西洋占星術家としてセッション・メール鑑定・占星術講座を行っている。
セッションでは、ご本人が持って生まれた魅力を丁寧にひもとき、「お悩みの解決に役立つ具体的なリーディング」をすることを大切にしています。

 

自己紹介 

【ずっと自分以外の誰かになりたかった】

小学生の記憶で鮮明に覚えているのは、ランドセルにごみを入れられたり、
ノートを汚されたり、聞こえるように悪口を言われ、仲間外れにされていたことです。
すれ違いざまにぶつかられたり、ボールをぶつけられたりするので、休み時間はトイレや誰もいないどこかにいっていました。

家では、母親につらいというのが恥ずかしくて「いじめる子はばかだよね」と平気なふりをしていました。

 

ある日、クラスメイトが別の子に意地悪なことを言って泣かせてしまったことがありました。
私をいじめている子が「私がその子を泣かせた」と担任に嘘の報告をしました。
担任は無言で私の髪の毛をつかみ、担任の机の前まで私を引っ張っていきました。延々と怒られ、げんこつされました。
私は訳がわからず、涙目でうなだれていました。

 

物心ついたときから絶えなかった両親の喧嘩。
父は気持ちを打ち明けることや感情のコントロールが上手くできない人で、
機嫌が悪いと怒鳴り、椅子を投げ壁を殴って穴をあけ、母に暴力をふるいました。
夕食の時、父が椅子に座った瞬間に心拍数が跳ね上がり、ご飯の味がしなくなりました。

 

家が寺院で父は住職だったので、母にとって近所の目も強いストレスになる環境でした。
興味本位で私の成績を聞き出そうとするご近所さんに、誉められたかった私は「〇〇点だったよ」と答えました。
あとから母に「恥ずかしいこと言わないで」と言われました。

私は、いじめられるのも怒られるのも、自分の何かが間違っているからなんだと思っていて、
いじめてくる子にとりあえず謝っても、更にいじめられるだけでした。

 

高校時代、激太りから過食嘔吐を繰り返し、激やせしてメニエール病になりました。
毎朝カッターで手首をちょっと切るのが(死ぬのは怖いので)気晴らしになっていました。

 

「寺の妻が外で働くなんて」と母が外で働くことを許さず、一方でわずかな生活費しか母に渡さなかった父。
修学旅行の積立金提出日にお金がなくて、
「とりあえず『あ、忘れちゃった!』と言っておいてね、あとで必ず届けるから」と赤い目をした母に笑顔で言われました。

 

何の経緯だったか忘れたけれど、台所で癇癪を起した父親に「てめぇなんか大学行かせねぇからな」とどなられました。

高3の文化祭の日の朝、携帯の目覚まし音がうるさいと部屋に怒鳴りこんできた父が
私の携帯を壁に投げつけました。壊れた携帯を拾って泣きました。

 

そういう人が、外の世界では袈裟を着てお経をあげ、大学で教鞭ととっているという現実。

寺の本堂にあった巨大な座布団に座り、ご本尊をぼんやりながめ、拝むわけでも祈るわけでもなく、
仏様がいるならここに救いに来てくださったらいいのに、と思っていました。


高3の時、親が離婚して母の実家に引っ越しました。祖父の協力のおかげと奨学金を申し込むことで進学を諦めずにすみました。

大学では第二外国語で習った中国語が面白くて、国費留学の試験を受けて上海に一年間留学しました。

 

好きで身に着けたことは、せっかくならば仕事に活かしたい。
そう思って卒業後に就職した組織でしたが、今から思うと相当変わっていました。

中国との文化・学術交流を行っている団体でしたが、残業は2時間以上は記録してはいけないというルールがあったり、
「批判が成長の糧」といった考え方が昔から受け継がれていて、事業が終わると担当者が全員の前で概要報告と反省をした後、
これまた全員の前で指導(批判)される、ということが繰り返されていました。

 

私は通訳技術を身に着けたかったので、お給料をつぎ込んで週末は通訳者養成学校に通いました。

職場では「この団体の通訳は若い君が背負ってやっていくんだ」と成長を期待される一方で
皆の前でこてんぱんに「あなたのためを思って」ミスを「指導」される状況。

 

最初はなんか変じゃないかな?と思っていた疑問もいつの間にかわかなくなり、
自分のダメなところはどこまで行ってもなくならないんだ、
この人たちに認められるまで耐えて頑張り続けなきゃいけないんだと思うようになりました。

 

この7年間の間に結婚と離婚をしました。
「幸せにする」と言ってもらえたのが嬉しくて、この人といれば楽になれるという気持ちがあったように思います。

でも、自分自身が何も変わっていないのに結婚して何かが変わるわけはなく、相変わらず仕事も辛いままでした。
結婚生活は3年ほどでした。

 

7年後、仕事で同時通訳まで経験し、精一杯やり切ったと思って転職活動をしました。

退職を申し出た時の、隣の席の上司の言葉は
「『次の仕事が見つかったから転職します』なんて、あなたはいいかもしれないけど迷惑で非常識よ。」
その時の私はその言葉を「気にしない」ことが出来なくて落ち込みました。

 

転職して1年後、会社の中国事務所のマネジメントを任されました。
再婚したばかりで遠距離新婚しながらの生活。
前任者の嫌がらせもあり「せめて前任者より結果を出さないといけない」と思いつめて仕事をしました。

 

評価されてポジションは上がりましたが、その頃には、なんだかいつも不安で、

アドバイスをもらえば「自分はなんてダメなんだろう」と落ち込み、
誉められれば「これ以上プレッシャーが増えるのはしんどい」と重圧に受け止めてしまうようになっていました。

楽しそうな人、きちんと「No」が言える人をみると、羨ましくてイライラしてまた自己嫌悪。

 

仕事は増える一方、なのにスタッフを信頼して仕事を任せきることもできず、朝8時から深夜1時まで機械のように働いていたら、
楽しかったはずの中国語もプレッシャーでしかなくなり、自分が好きなもの、したいこと、食べたいものもよくわからなくなっていました。

 

誰のせいでもないけれど、当時の私は
自信のなさ、完璧主義、自己憐憫、人をうらやむ気持ちなど、色々なコンプレックスでぱんぱんに膨らんでいました。

日本に帰国した後に適応障害を発症し、休職して投薬治療を一年半ほど続けました。

 

【占星術との出会い&驚きの連続】

そんな私が大きく変わるきっかけになったのが占星術との出会いでした。

あるとき友人から、占星術を学んですごく面白かった、という話をききました。

…そういえば昔、「おまじないの本」を図書館で借りて「テストで100点がとれますように」、
「お父さんとお母さんが仲良くなりますように」なんて願い事をしていたなぁ…なんて
ぼんやり思い出しながら聞いていましたが、その後も友人の話がずっと頭から離れない。


自分自身も、環境も嫌で嫌でたまらない。
そんな現実が変わるなら、星でも宇宙でも神様でも、何でもいいから力を借りたい!
必死だった私は占星術を学びはじめました。

 

びっくりすることがたくさんありました。

私はさぞかしわるい“運命”をもって生まれたのだろうと思っていましたが、
星ならびに「よい」、「わるい」は存在しないということが分かったのです。

 

たとえば、
確かに私の星ならびでは、人間関係を表す部分に星が集まり、
「限界を超えるようなストイックな経験、対人関係で相手から受ける影響の大きさ、重圧」などを表していました。

でもその一方で私には、成果が出るまで取り組み続ける忍耐力や
引き受けたことに全身全霊で応える責任意識と実行力が備わっていることも知りました。

それもまた同じ星から与えられていた資質だったのです。

 

また、私が適応障害を発症した数年の運気の流れを読むと、
仕事への情熱や忍耐力が爆発的に発揮され、精神力や体力の限界を試されるような
人生に一度きりの星の配置がぴったり起きていました。

 

病気になって仕事ができなくなり療養した、という経験ですが、それは
「仕事の頑張りかた」や「情熱を注ぐ方向」を根本から考え直すという
大きな人生の転機の流れの中で起こった象徴的な出来事だったのです。

 

生まれ持った条件は変えられないけれど、その活かし方は自分で変えられる。
何をしたいか、何をしたら幸せかは、私以外の誰かをまねしても見つからない。答えは、自分の中にある。

そう気づけたことは、私にとって本当に大きな転機になりました。

 

【いつの間にか楽に、生きやすくなっていった】

占星術を学ぶ過程は、私にしみついていた「自分は間違っている、劣っている」という思い込みが自然と剥がれていく過程でもありました。

 

私はいったい、どんな性質を持って生まれ、何を楽しいと感じ、何を生きがいと感じ、
何に恵まれていて、何を克服していく計画を持って生まれたのか?

そうした自分自身の「人生の設計図」を細かく知ることができ、過去の様々なことがすとんと腑に落ちていきました。

ひとりで考えている時には想像もできなかった色々な自分が見えてきて、目からウロコの連続でした。

 

じゃあ、持って生まれた設計図と備わった力をどうやって使ったらよりよい人生を送れるの?
私は何ができたら幸せを感じられるんだろう…?

そんな風に夢中で学びながら、自分の意思を取り戻していきました。

 

学びはじめの頃の私は、
占星術を使えば何も失敗しなくなって、誰にも否定されなくなって、誰よりも幸せになれると思っていましたが、
いつの間にか考え方自体が大きく変わっていました。

 

私は、私。他の誰かになろうとしなくていい。(なれない)

過去の自分も今の自分も、よい/わるいとジャッジしなくていい。

誰にどのように思われても、考え方の違いがそこにあるだけ。自分の価値が揺らぐことはない。

挫折は次につながる変化のきっかけ。終わりではない。

運気の流れはみんなバラバラ。焦らなくていい。

楽しんでいい。

 

こんな風に自然に思えるようになっていきました。

 

自分を責めなくなったら、周りの出来事に感情的なることが減り、他人や何かのせいにすることが減りました。

何があっても自分が「ダメ」になるわけではないと分かったので、行動することが怖くなくなりました。

人にどう思われるかと怯えることが減りました。

大切な人の思いやりに気づき、感謝できることが増えました。 

なにより、「自分でよかった」と思えるようになりました。

 

自分が持って生まれたものを嫌い、否定し、
自分から逃げきれば幸せになれると思っていた過去の私からは想像もつかなかった変化です。

 

私という一人のちっぽけな人間にも宇宙の星たちのエネルギーが注がれ続けていること、
人間の心の世界と自然界とのシンクロ二シティに思いを馳せながら、
これからも占星術の奥深さを学び続けていきたいと思います。

 

【運命は、自分で動かす。占星術は、そのためのナビゲーションシステム】

私は、生まれ持った「人生の設計図」やその時々の運気の流れはあるけれど、具体的な未来が決まっているわけではないと思っています。

 

自分の人生は自分の意思で作っていくもの。とはいえ、

過去の経験が自分の意思にブレーキをかけてしまうこともあるし、

慌ただしい日常や複雑な人間関係の中でどうしたらいいかわからなくなることも、

溢れかえる情報の中で、何が自分にとって大事なのかと迷うことだってあるはずです。

 

どんなときも、自分を受け入れ、出来事や状況に振り回されずに向き合い、
生まれ持った力と運気の流れを最大限に活かして、望む方へと運命を動かしていく。

占星術は、そんなしなやかな生き方を実現するための「ナビゲーションシステム」だと思っています。

 

そのナビゲーションシステムは、星の動きと私たち人間の心と身体のつながりを通して、

驚くほど鋭く、多面的に自分について教えてくれます。

自分を受け入れ、行動する勇気を与えてくれます。

 

 

あるときは自分の生まれ持った特徴や強み、人生の設計図を詳細に教えてくれる最強の自己分析ツールとして。

あるときは 自分の「いま」の状況を把握し、納得のいく進み方を考えるためのナビゲーションシステムとして。

そしてあるときは、日常の中で置き去りにされがちな自分の素直な気持ちをいたわり、心の活力を取り戻す「羽休めの場所」として。

 

いま、不安を抱えながらも前に進みたいと真剣に考えていらっしゃるかたが
自分の素直な気持ちを思い出したり、生まれ持った素晴らしい魅力に気づき、
望む未来にしていくために、具体的な方法を考えるお手伝いをしたい。
そうした気持ちを胸にセッションや講座をしています。

 

星と心の世界のつながりを通して、たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

 

 

これまでに頂いたお客様からの声